千葉市で創業36年超の社労士法人。労務監査のご相談から手続き業務まで幅広く対応

就業規則作成/改訂

就業規則を見直したい

千葉で就業規則作成実績100件以上!

人事労務のプロフェッショナルによる

リスクヘッジ型のオーダーメイド就業規則

このようなお悩みはございませんか?

①就業規則を作成しているが、会社の実態と合っていない

②過去に作成しているが見直しをしていないため、直近の法改正に対応しているのか不安である

③従業員に就業規則の内容や組織のルールを浸透させるやり方が分からない

「就業規則のサポート」を通して上記のようなお悩みを解決いたします。

≫就業規則を見直したい方はコチラ

就業規則とは

常時10人以上の労働者を使用(雇用)する使用者には、「労働基準法にて掲げられた事項を定めた就業規則を作成する義務」、及び、「作成した就業規則を労働基準監督署に届け出る義務」が課せられています(労働基準法第89条)。雇用形態の違い(アルバイト、パートタイマー、契約社員等)によって、異なる規則類を定めるのであれば、それぞれに対応する就業規則が必要です。作成及び届出義務に違反すると30万円以下の罰金が科されます(労働基準法第120条第1号)。

常時10人以上とは?

アルバイト、パートタイマー、契約社員等雇用形態の違いによらないので、注意が必要です。極端ですが、アルバイト10名を常時雇用している場合も作成と届出の義務がございます。当法人では、従業員を1名でも採用するのであれば就業規則の作成をお勧めしております。

 

就業規則がない場合のデメリット

就業規則が作成できていない企業は、下記のようなデメリット(リスク)があるため注意が必要です。

①懲戒解雇ができない

②定年退職を通知することができない

③雇用関係助成金の要件を満たせない場合が多い

④有給休暇取得義務を果たすための取得命令が出せない

就業規則に関するよくあるご相談

「就業規則はあるけれど、作成したのは数年前です。そのため現状の働き方と合っていません」

このような場合、改訂よりも現状の働き方を整理し、新しく作成をした方が良い場合がございます。実態とかけ離れている就業規則の場合、トラブルが生じたとき会社を守ることができません。

「就業規則は作ったものの運用ができていません。問題はございますか?」

従業員に周知ができていない場合、労使間のトラブルが発生するリスクがあります。全てを従業員に説明する必要はございませんが、要点のみはお伝えし、労使間で就業ルールに関しての合意形成を実施しておくことをお勧めいたします。また、就業規則は「会社の働き方のルールブック」のような役割を果たします。経営者の想いが詰まっておりますので、就業規則の説明会を実施し、経営者の想いを伝達させていきましょう。ただし、説明会では従業員から質問が寄せられるケースがありますので、専門家の同席を実施している企業もございます。当法人でも従業員向け説明会の同席や説明会実施を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

「最新の法改正に対応できているか不安」

働き方改革から民法まで、直近では多くの法律が改正されています。そのため、定期的に見直していなければトラブルに繋がります。

まずは現時点でどの程度対応ができているのか、可視化をしましょう。企業の状況によって、改善すべきリスクの優先度は異なりますので、専門家に相談し、経営リスクを削減できるように対応を進めましょう。

 

 

当法人の就業規則サポートの特徴

①3回の打ち合わせでヒアリングから納品まで完了

雛形の提供ではなく、オーダーメイドで作成いたします。

詳細は、下記の「就業規則の作成スケジュール例」をご覧ください。

貴社に合った就業規則をご案内させていただきます。

②豊富なオプション

お客様のニーズに合わせて、「就業規則作成」以外の領域もお手伝いいたします。

オプション例
  • ・従業員向けの説明会
  • ・ハラスメントや兼業・副業等の規程
  • ・育児介護休業、変形労働時間制、賃金控除、年次有給休暇等の協定

 

就業規則の作成スケジュール例

打ち合わせ1回目 

制度設計:所要時間:1~2時間

 ①進め方の説明

 ②現在の就業体系・賃金体系等ヒアリング

ヒアリング内容の一例
  • ・始業終業休憩時刻
  • ・休日
  • ・給与体系  

※現状で法律に違反している部分については解説の上、新ルールを決定  

※現状で決まったルールが無い場合は、詳細を解説の上、新ルールを決定

打ち合わせ2回目 ※目安:初回打ち合わせから1か月程度

所要時間:1~2時間

①打ち合わせ1回目のヒアリング事項を反映した就業規則(初稿)の内容の確認

②就業規則に関係する労働法及びリスク回避の解説

③修正事項を修正

 ※当日又は後日メール・チャットにて実施

④就業規則届及び意見書の説明と回収

 ※労働基準監督署へ届出を行う場合のみ実施

⑤当日以降のTODO(次回まで)

・発生した修正や新規作成事項の追記

・作成完了次第、労働基準監督署への届出実施

打ち合わせ3回目(最終) ※目安:初回打ち合わせから2か月程度

所要時間:1~2時間

①就業規則等の納品(データ+ファイリング進呈)

 ※Aプランはデータのみ納品

 ※納品は後日郵送やご訪問などその時に応じて実施

②労務監査ヒアリング実施

 ※労務監査のフィードバック日は実施日から3週間~1ヵ月後

料金

月額25万円~(顧問契約をしている価格)

※表示の金額は税別価格(税抜)です。

 

就業規則に関する解決事例

就業規則作成時にハラスメント防止規程を作成した事例

労働条件通知書はしっかり作成しているが、若いアルバイトの子達が増えたので就業規則も作成してより安心して働いてもらえる環境にしたい…

≫詳しく見る

 

↓無料相談をご希望の方はこちら↓ 

無料相談アイキャッチ

 
執筆者情報
社会保険労務士法人アットロウム 代表社員 藤崎 祐也
保有資格特定社会保険労務士
一言当事務所は2014年に栗田社会保険労務士事務所という個人事務所から社会保険労務士法人アットロウムへと法人化しました。創業から30年を超えても一貫して「労使紛争の予防対応・人事労務の手続きサポート」を主軸に取り組んできました。 近年では、「デジタルツールを利用した業務改善・生産性向上」「労務監査で人事労務リスクを抽出改善し事業承継・企業価値の向上サポート」に注力しています。 「人事労務を通じて持続可能な企業づくりと地域の発展を支援する」ことを弊所の役割と捉え、何が出来るか日々探求し、実践行動しています。
本件に関する無料相談はこちら

予約 予約

043-306-4565

受付:平日 9:00〜18:00 12:00~13:00昼休み

アクセス

PAGETOP